七夕デートの服装は何着てく?浴衣はお祭り以外NG?気をつけること3つ

ノウハウ

七夕に好きな人とデートできたら、二人の心の距離が縮まりそうです。

特に女性であれば、せっかくの七夕デートだから浴衣を着ていこうかと考えるかもしれませんね。

普段と違う服装だとテンション上がるし、せっかくの七夕だからオシャレを楽しみたいですよね。

写真映えも考えて、ヘアメイクもこだわりたくなりそうです。

そう思う一方、浴衣をすぐに用意できない女性は、七夕デートは浴衣をどうやって用意しようかと慌ててしまうかもしれません。

この記事では七夕デートはどんな服装で臨むのがベストか紹介していきます。

浴衣の時に気をつけるべきポイントもお伝えするので、参考にして下さいね。

スポンサーリンク

七夕デートの服装どうする?

せっかくの七夕デート、何を着ていこうか悩んでしまいますよね。

ただ、七夕デートの服装で悩み過ぎてしまう方は、浴衣であるべき、といった考え方をしていませんか。

言い方を換えれば、服装に正解があるのではないか、と考えていませんか。

確かに、浴衣で女性がデートに来てくれたら、男性は喜ぶでしょう。

普段と違う雰囲気に、ドキッとする男性もいるかもしれません。

わざわざ七夕デートを盛り上げるために、自分のために浴衣を着てきてくれたのかと想像して嬉しく感じる男性もいそうですよね。

でも、七夕デートだからといって、服装を浴衣にこだわる必要はありませんよ。

男性にとっては、あなたの笑顔こそが一番嬉しいオシャレです。

女性の浴衣姿そのものを喜んでいるのではなく、女性が浴衣姿でテンションが上がって楽しそうにしているからこそ、男性は嬉しくなるものです。

女性は自分が一番笑顔になれる、テンションが上がる服装を選ぶようにしましょう。

無理して浴衣にこだわって疲れてしまったら、デートが楽しめないかもしれません。

本末転倒になってしまいますよ。

一番、七夕デートを楽しめる服装こそがベストな選択でしょう。

浴衣でデートはお祭り以外NG?

浴衣でデートするといったら、夏祭りや花火大会などが一般的ですよね。

でも、それ以外では浴衣を着ない方がいいかというと、そんなことはありません。

二人で星空を眺めにドライブ、そんなシチュエーションでも浴衣はアリですよね。

ただ、歩き回ることが多い場合、浴衣は避けた方がいいでしょう。

動き回ればそれだけ浴衣は着崩れしてしまいますからね。

襟元がはだけてしまったり、裾がアンバランスだと、だらしない印象になってしまいます。

そうなると、浴衣がかえってマイナスになってしまいます。

お祭りや花火大会以外で浴衣が着たいときは、素直に男性に相談しましょう。

その上で、二人で浴衣姿でも問題のないデートプランを組むのが最善です。

スポンサーリンク

浴衣なら、電車ではなく車で移動しよう。近場の方がいいかもしれない。そんなアイデアがいろいろ浮かんでくるかもしれません。

男性が思いやりのあるアイデアを出して、リードしくれると頼もしくて嬉しくなりますよね。

デートプランを一緒に考えてみるのも、彼の新しい一面を知るきっかけになります。

相談という形で、浴衣を着たいとわがままを言ってみると、男性も頼られていると感じて嬉しくなりますよ。

お祭り以外でも、浴衣を着れる機会を一緒に考えて作ってみるのがいいでしょう。

浴衣でデートする際気をつけること3つ

まず一つ目は、下駄の靴擦れについてです。

浴衣でデートするときは、やっぱり下駄を履きますよね。

ただ、履き慣れない下駄を履くと靴擦れするかもしれません。

足が痛いと歩き回るのがイヤになるし、デートも楽しめなくなってしまいます。靴擦れしないように気をつけて、ゆっくり歩きましょう。

そして、靴擦れした時のことを考えて絆創膏を何枚か持っておくといいですよ。

靴擦れをしてしまっても絆創膏を貼れば、かなり痛みが楽になります。

二つ目は、汗や匂い対策についてです。

浴衣は意外と暑いので、普段着よりも汗をかきます。

自分の匂いが気になってきたら、テンション下がりますよね。

せっかくチャンスがあっても、思い切って近づけなくなるかもしれません。

それに、汗を流している姿なんて人に見られたくないでしょう。

対策として、汗ふきシートを持ち歩くといいですよ。

屋台などで食べ歩きをした時にも、汗ふきシートがあればすごく便利です。

三つ目は、メイクについてです。

お化粧を頑張りすぎると、汗をかいたときに崩れてしまいます。

ついつい気合いを入れてしまって厚化粧をすると台無しになってしまいますよ。

お化粧はナチュラルメイクなど、控えめにするか、しっかり作りこみたいならウォータープルーフの化粧品をメインに使いましょう。

まとめ

七夕デートと浴衣の注意点について紹介させてもらいました。

屋台や花火大会となれば、人混みではぐれてしまうかもしれないので、自然と手を繋ぐチャンスがありそうですよね。

浴衣だと早く歩けない。はぐれたら困ってしまう。いろいろな理由をつけて、手を繋ごうと彼にお願いするのもいいですよね。

浴衣だからという理由で、一緒に肩を並べて写真撮影を頼むのもアリです。

ちょっとした口実で思い切って実際に近づいてみると、お互いの心の距離が縮まることになりますよ。

せっかくの夏ですから、素敵な恋の思い出を作りたいですね。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました