読書感想文でコピペはバレる! ばれない方法は?苦手な人でも書き上げるコツ

ノウハウ

読書感想文はめんどう!コピペや人のを丸写ししたいと思ったこと、ありませんか。

読書は面白いですが、読書感想文が好きではない方は多いですよね。ただ、さすがにバレると困るので完コピは避けたいですよね。

実際、読書感想文のコピペはバレる可能性があるのでしょうか。

また、この記事では読書感想文を書くのが苦手な人でも、簡単に書き上げるコツについても紹介していきます。

さっさと面倒な読書感想文は終わらせて、自分の好きなことに時間を使うようにしましょう。

読書感想文でコピペはバレる?

結論からお伝えすると、読書感想文はコピペでバレる可能性はほぼないでしょう。

先生もわざわざコピペツールを使ってまで、チェックをしないからです。

実際、先生も提出された読書感想文を一つ一つ丁寧に読むほど暇ではありません。提出されているか確認する程度でしょう。

普通なら、わざわざ読書感想文を評価して点数を付けたりはしませんからね。先生が読書感想文をしっかりと読む理由はないわけです。

完コピをしたら、偶然全く同じ読書感想文を完コピした人がクラスにいた。そんな奇跡的なことはまずないでしょうが、さすがにそうなるとバレてしまいますよね。

もし不安なら、一応、万が一の可能性に備えて、完コピや丸写しは避けて、自分なりにアレンジを加えてみるのがいいのではないでしょうか。

読書感想文でコピペでもばれないようにごまかす方法

読書感想文を一から考えるのは、なかなか大変です。

文章を書くだけでなく、構成から考えないといけないのでは、作成にかなりの時間と労力をかけないといけません。

とにかく書き始めてみたら、書いているうちに何が言いたいのか分からない文章になってしまった。結果、一から書き直すハメになった。そんな経験をした方も少なくないでしょう。

そんな悲惨なことを避けるためにも、構成は先にしっかりと考えておくことが大切です。

だからこそ、まずはコピペをしてしまいましょう。

既に完成された読書感想文であれば、構成もできあがっているので簡単です。

文章を書くのが苦手な人でも、めちゃくちゃな文章になってしまう失敗は避けられますよ。

そして、その読書感想文の中から自分と感じたことや見解が違うところを見つけて、加筆修正を加えていけばいいのです。

スポンサーリンク

たとえば、いきなり本の感想を話してくださいと言われたら困りますよね。自分の大好きな本ならともかく、読書感想文の課題図書なんて大半が面白くないものばかりです。すぐに感想なんて思い浮かばないでしょう。

でも、誰かが先に本の感想を話していたら、自分の感じたことを見つけやすいですよね。

読書感想文をコピペして加筆修正を加えるやり方のメリットはここにあります。

人の感じたことと照らし合わせれば、自然と自分が感じたことや思ったことを見つけやすいのです。

自分の思ったことや感じたことに気がつくためにも、ネットに出ている感想文を参考にさせてもらいましょう。

読書感想文が苦手な人でも書き上げるコツ

書き上げるコツは、最初から完成度の高い文章を書こうとしないことです。

まずは、コピペした読書感想文をプリントアウトして、赤字で思いつくことを気ままに書いていきましょう。

多少、めちゃくちゃになってしまっても構いません。どんどん書いていき、その後で文章の流れの中から必要のないことを削っていけばいいのです。

文字数の制限があるなら、とにかく思いつくことを書いて文字数を稼ぐことが大切です。たくさん書き出すことだけを意識して書いてみましょう。

たくさん書き出したら、今度は客観的な視点に立って、文章の流れを意識しながら読んでいきます。

自分なら分かるけれど、初めて読む人、特に読書感想文の課題図書を読んでいない人が読んだら分かりづらいことはありませんか。

分かりづらい部分を見つけたら、前置きを一文加えたり、例え話を交えて見たり工夫することが大切になってきます。

文章を書くときは難しく考えずに、目の前に誰か話を聞いてくれる人がいて、その人が知らないことを分かりやすく教えてあげるつもりで書いていくといいですよ。

まとめ

読書感想文をコピペするなんて、10年前には発想すらない状況でした。しかし、インターネットが発達することで、ずいぶん便利な世の中になりましたね。

より効率よく生きるためにも、この恩恵をうまく活用する術を身につける方が利口と言えるでしょう。

他の人の読書感想文を参考にすることは、自分の発想や考えを広げることに繋がります。

また、文章を編集して、自分の考えを交えて加筆修正をすることは、文章力の向上にも役に立つでしょう。ただ、読書感想文を書くのではなく、そんなスキルを身につけるためにコピペをうまく活用してみましょう。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました